認知・判断・操作に影響を及ぼす要因とは

認知や判断の機能が弱まってしまうと、とっさに判断できなくなってしまい、交通事故を起こしてしまう原因になります。これらは日常生活の疲労やストレスなどが原因で引き起こされてしまいます。そのため交通事故を起こさないためには、疲労やストレスが溜まっている時に運転をしないことが大切です。

 
人間の体は疲労が溜まってしまうと、行動力が遅くなってしまいます。疲労とは体に乳酸が溜まってしまい、それを処理するために体が休息を取ろうとしている状態です。そのため副交感神経が優先的に使用されているために、様々な行動において遅れが発生してしまうのです。

 
人間が行動的に活動を行うためには、交感神経が優先的な状態になっている必要があります。しかし日常生活で疲労をためやすい生活をしていると、体を休息させることを優先しようとする為に、行動量が鈍ってしまうのです。これにより神経が休息状態になるので、活動が鈍くなるのです。

 
特に夕方から夜にかけて操作が鈍くなる影響が大きいのは、周辺が暗くなってしまい、副交感神経が優先的になってくるからなのです。人間の体は太陽が出ている間は交感神経が優先的に使用されているために、行動が鈍くなることはありません。しかし夕方になり太陽が沈んでしまうと行動量が鈍ってしまうのです。xf1755057320l

コメントは受け付けていません。