認知・判断・操作について

運転において認知能力が低下してしまうことは大変です。低下してしまうと正しい判断を行うことが出来なくなってしまったり、瞬時に適切な行動を行うことが出来なくなってしまいます。これらは日常生活の疲労や年齢における老化が現象として引き起こされてしまいます。そのため交通事故などを起こさないようにしたり、安全に自動車に乗るためには、日常生活で操作能力を上げる必要があるのです。

af9920059163l
自動車では視覚が重要になります。人間は情報の8割は視覚から得ています。そのため視覚の能力が低下してしまうと、交通事故が起こりやすくなってしまうのです。自動車においての視覚の能力の低下は、不注意が原因で低下してしまいます。

 
人間の能力は必要性が無いと低下してしまいます。そのため普段から不注意であると、視覚の能力が低下してしまうのです。視覚能力が低下して不注意になるのではなく、実は不注意が癖になっていると、視覚の能力が低下してしまうのです。

 
そのため運転を行う際には、注意を怠らないようにしないと、さらに能力が低下していってしまうことになります。そのため自動車を操作する際には、前方の確認や、サイドミラーを利用した後ろの確認などを怠らないようにすることです。

コメントは受け付けていません。