高齢と病気について

pls7950961人間だれしも高齢になれば少しずつ肉体能力などが低下します。そのため、自動車の運転などに注意するべきことが疎かになってしまい、交通事故の原因となることもあります。

 
また、病気により、自動車の長距離走行中に眠ってしまって交通事故になる事例も相次いで報告されています。睡眠時無呼吸症候群ですが、長距離トラックや高速バスについては、こうしたチェックを行うように変わってきています。

 
一般のドライバーも例外ではありません。一定の年齢に達した場合、運転免許を返納するように働きかけているところもあります。免許証の更新時には病気の危険性を自主申告にはなりますが、行うように義務付けられてきています。

 
このようにドライバーの体調や年齢が高くなるにつれて交通事故の危険性が増していくことから、自動車に乗る一人一人が気を付けて無理のない走行計画の元でドライブする必要があります。

 
毎年の健康診断の受診も当然のことながら、疲れている時には休息を入れるなどの対応も必要となりますし、また、あらかじめ行き先が分かっている場合であっても、またそうでない場合であっても、早めに出発することで無理のない計画の元に走行するように努める必要があります。

コメントは受け付けていません。