飲酒が及ぼす影響について

飲酒が車の運転に及ぼす影響はさまざまあります。普段何気なく運転している車ですが、じつは自分が気付いていないだけで、人間のあらゆる機能をフル活動させて操作しています。お酒を飲めばそれらの機能が低下してしまい、重大な事故を引き起こす可能性が高くなるのです。

 

xf1285042680lお酒を飲むことによって低下する機能としては、まず運動機能が挙げられます。運動機能が低下するとブレーキを踏むまでの反射速度が落ちるので、結果として事故を招くことが多くなるのです。

 
また視覚機能も低下します。車を操作するうえで視覚は大変重要になる機能ですが、お酒はこの機能も低下させてしまうので、歩行者や信号を見落とす可能性が高くなり、事故を起こしてしまうのです。

 
さらにお酒は認知、判断機能をも低下させます。お酒に含まれるアルコールは、ある意味、脳の機能を麻痺させてしまう効果があるので、その結果判断力や注意力を低下させてしまうのです。当然集中力も失われますので、車を操作するうえではかなり危険な状態に陥ってしまいます。

 
このようにお酒の影響は人間のあらゆる機能を低下させ、車の操作性に重大な影響を与えます。また気が大きくなってしまうなど、お酒は精神にも大きな影響を与えてしまうので、スピードの出し過ぎなどより事故を引き起こす可能性の高い行動をとってしまうのです。

コメントは受け付けていません。