反応時間は、反射時間+踏み替え時間+踏み込み時間で考える

自動車を運転していると必ずと言っていいほど危ない経験をします。
例えば信号無視で自転車が飛び出してきたなどです。
でも、車の運転に集中していれば防げる事故は多いです。
それは、人間の反射能力にあります。
危険を察知してからアクセルからブレーキに踏みかえる時間が短いからです。
若いほどこの能力は高いです。
それを反応時間であらわされます。
これは、反射時間と踏み替え時間、踏み込み時間であらわされます。
反射時間は危険を脳が察知してアクセルから足を離してブレーキに乗せ換える時間です。
踏み替え時間は言葉の通り、アクセルからブレーキへ足を移動させるのにかかる時間です。
踏み込み時間も同様、ブレーキに足を載せて踏み込みまでにかかる時間です。
これらのスピードが速ければ速いほど事故を防ぐことができます。
危険を察知する能力を上げるには運転を多くし、常に危険を観察でいる目が必要になります。
信号では、信号無視をしてくるかもしれないや学校の近くでは子供が飛び出してくるかもしれないなどです。
事前に、危険予知をしながら運転しているといざそのような場面に遭遇した場合でもパニックにならず、素早い行動でアクセルから足を離しブレーキを踏み込み危険回避ができます。

af9920059240l

コメントは受け付けていません。