動体視力と運転について

安全運転の為に最も必要なことは、ドライバーが周囲の状況をしっかりと確認しながら、正しい判断でもって車を走行させることですが、その為に必要な大半の情報は視覚によって得ることになります。

 
視覚情報を得る為に重要となるのは当然ながら視力で、一般には静止視力の良し悪しで判断されることもありますが、車と言うものは動いているものである為、重要なのは動体視力なのです。

 
急に人が飛び出してきた場合の一瞬の判断に大きな影響を及ぼすのはもちろん、走行中に道路標識をはじめとした必要な情報を正しく視認するのにも欠かすことができません。

af9920059371l
このように、動いているものを識別する視力は安全走行において極めて重要なポイントですが、これは加齢などの要因で低下してしまうことでも知られています。

 
なので、車を安全に利用し続けていく為には、この視力を意識して鍛えることが大切です。
視力アップの為のトレーニング方法には様々なものがあり、現在ではゲームなどで鍛えることができるソフトウェアが充実している他、電車に乗っている際に電柱などの数を数えると言った、お金をかけずに手軽に行うことができる方法も多数存在します。

 
こういった方法で視力アップに努め、安全運転に役立てましょう。

コメントは受け付けていません。