Author Archive

高齢と病気について

pls7950961人間だれしも高齢になれば少しずつ肉体能力などが低下します。そのため、自動車の運転などに注意するべきことが疎かになってしまい、交通事故の原因となることもあります。

 
また、病気により、自動車の長距離走行中に眠ってしまって交通事故になる事例も相次いで報告されています。睡眠時無呼吸症候群ですが、長距離トラックや高速バスについては、こうしたチェックを行うように変わってきています。

 
一般のドライバーも例外ではありません。一定の年齢に達した場合、運転免許を返納するように働きかけているところもあります。免許証の更新時には病気の危険性を自主申告にはなりますが、行うように義務付けられてきています。

 
このようにドライバーの体調や年齢が高くなるにつれて交通事故の危険性が増していくことから、自動車に乗る一人一人が気を付けて無理のない走行計画の元でドライブする必要があります。

 
毎年の健康診断の受診も当然のことながら、疲れている時には休息を入れるなどの対応も必要となりますし、また、あらかじめ行き先が分かっている場合であっても、またそうでない場合であっても、早めに出発することで無理のない計画の元に走行するように努める必要があります。

過労運転を避ける方法について

車を運転する事は非常に面白い事です。このように思われている方は、かなり多くいらっしゃるのではないでしょうか。また、中にはあまり運転自体が好きではないけれど、必要に迫られて運転をしなければならないというような方も、勿論多くいらっしゃることでしょう。何れにしましても、ハンドルを握る際にはとにかく安全運転を心がけて、交通事故を起こさないように気をつけながら目的地まで到達できるように努めていただきたいものです。

 
交通事故が毎年の様に多く発生している現状となっていますが、何故このように事故が起こってしまうのか、それにはやはり理由があるからであると考えられます。また自分の心がけ次第では、交通事故に遭いにくい運転ができるようにもなります。特にこのような事に気を配りながら運転をされると良いでしょう。

 
道路交通法には、このような交通事故を未然に防ぐための、様々な規則が書かれてあります。その中の一つに、過労運転の禁止というものがあります。お仕事なんかでも疲れているのに運転しなければならないような状況があったりするかも知れませんが、極度に疲れているような過労の時は運転してはいけない事となっています。

 
体がつかれないように休憩を途中で取り入れながら、ゆとりのある運転計画をしっかり立てた上で行って下さい。

tg0010012689m

運転中の疲労は目からくる

運転を長時間しているとどうしても疲れが出てきてしまいます。こういった運転による疲労は、体の疲れだと思っている方が多いようです。たしかに、長時間同じ姿勢で座っていることにより腰や腕、肩などにコリや痛みを感じる人も多いです。

xf0635025671l
しかし、自分ではあまり気付きにくい部分なのですが、実は体の中で一番疲れている部分があります。それは、目です。人は車を運転するとき、前だけでなくサイドミラー、バックミラー、スピードメーター、道路標識、さらに目視で危険がないかなど常にいろいろなところに視線をうつしているのです。人間が日常生活ではそこまで視線を移すこともあまりありません。そのため、運転すると眼球からくる疲れを感じてしまうのです。それは、心の疲れに直結しています。

 
疲れは運転する上で危険性を高めることのひとつです。疲れていないときにはかわせることでも、疲れていることで「うっかり」ということは可能性は高まるのです。

 
高速道路などでは、サービスエリアなどでこまめに休憩をとることを勧めていますね。これは事故などが起きないようにするための警告のようなものです。長く運転するときには、疲れを感じなくても2時間に1回くらいは休憩をとるようにしましょう。

飲酒が及ぼす影響について

飲酒が車の運転に及ぼす影響はさまざまあります。普段何気なく運転している車ですが、じつは自分が気付いていないだけで、人間のあらゆる機能をフル活動させて操作しています。お酒を飲めばそれらの機能が低下してしまい、重大な事故を引き起こす可能性が高くなるのです。

 

xf1285042680lお酒を飲むことによって低下する機能としては、まず運動機能が挙げられます。運動機能が低下するとブレーキを踏むまでの反射速度が落ちるので、結果として事故を招くことが多くなるのです。

 
また視覚機能も低下します。車を操作するうえで視覚は大変重要になる機能ですが、お酒はこの機能も低下させてしまうので、歩行者や信号を見落とす可能性が高くなり、事故を起こしてしまうのです。

 
さらにお酒は認知、判断機能をも低下させます。お酒に含まれるアルコールは、ある意味、脳の機能を麻痺させてしまう効果があるので、その結果判断力や注意力を低下させてしまうのです。当然集中力も失われますので、車を操作するうえではかなり危険な状態に陥ってしまいます。

 
このようにお酒の影響は人間のあらゆる機能を低下させ、車の操作性に重大な影響を与えます。また気が大きくなってしまうなど、お酒は精神にも大きな影響を与えてしまうので、スピードの出し過ぎなどより事故を引き起こす可能性の高い行動をとってしまうのです。

認知・判断・操作に影響を及ぼす要因とは

認知や判断の機能が弱まってしまうと、とっさに判断できなくなってしまい、交通事故を起こしてしまう原因になります。これらは日常生活の疲労やストレスなどが原因で引き起こされてしまいます。そのため交通事故を起こさないためには、疲労やストレスが溜まっている時に運転をしないことが大切です。

 
人間の体は疲労が溜まってしまうと、行動力が遅くなってしまいます。疲労とは体に乳酸が溜まってしまい、それを処理するために体が休息を取ろうとしている状態です。そのため副交感神経が優先的に使用されているために、様々な行動において遅れが発生してしまうのです。

 
人間が行動的に活動を行うためには、交感神経が優先的な状態になっている必要があります。しかし日常生活で疲労をためやすい生活をしていると、体を休息させることを優先しようとする為に、行動量が鈍ってしまうのです。これにより神経が休息状態になるので、活動が鈍くなるのです。

 
特に夕方から夜にかけて操作が鈍くなる影響が大きいのは、周辺が暗くなってしまい、副交感神経が優先的になってくるからなのです。人間の体は太陽が出ている間は交感神経が優先的に使用されているために、行動が鈍くなることはありません。しかし夕方になり太陽が沈んでしまうと行動量が鈍ってしまうのです。xf1755057320l

動体視力と運転について

安全運転の為に最も必要なことは、ドライバーが周囲の状況をしっかりと確認しながら、正しい判断でもって車を走行させることですが、その為に必要な大半の情報は視覚によって得ることになります。

 
視覚情報を得る為に重要となるのは当然ながら視力で、一般には静止視力の良し悪しで判断されることもありますが、車と言うものは動いているものである為、重要なのは動体視力なのです。

 
急に人が飛び出してきた場合の一瞬の判断に大きな影響を及ぼすのはもちろん、走行中に道路標識をはじめとした必要な情報を正しく視認するのにも欠かすことができません。

af9920059371l
このように、動いているものを識別する視力は安全走行において極めて重要なポイントですが、これは加齢などの要因で低下してしまうことでも知られています。

 
なので、車を安全に利用し続けていく為には、この視力を意識して鍛えることが大切です。
視力アップの為のトレーニング方法には様々なものがあり、現在ではゲームなどで鍛えることができるソフトウェアが充実している他、電車に乗っている際に電柱などの数を数えると言った、お金をかけずに手軽に行うことができる方法も多数存在します。

 
こういった方法で視力アップに努め、安全運転に役立てましょう。

明順応と暗順応について

af9920059352l

 

明るいところから急に暗いところへ入った時に、しばらくはなにも見えなくても、徐々に目が慣れてきて周囲のものを認識できるという経験をしたことがある人はたくさんいるはずです。この「目が慣れてくる」という現象を暗順応といいます。これとは反対にトンネルなどの暗い空間から明るい外の空間に出た際に、眩しくて周囲のものがよく見えなくなることを明順応と呼びます。

 
これは視覚をつかさどる細胞の作用によるものですが、じつは車の運転にはこの現象が大きな影響を与えることがあるのです。基本的に視覚が明るい空間に慣れるまでの時間は40秒から1分間とされていますが、暗い空間に順応するためには30分から1時間もの時間を必要とします。つまり暗い所に目が慣れるのにはとても時間がかかるのです。

 
このことは夕暮れ時の交通事故が多いことにも関係しています。夕暮れ時はマイカー通勤者の帰宅時間と、買い物に出かける主婦や帰宅する子ども達が重なることから、歩行者を巻き込んだ交通死亡事故が多発する時間帯として知られていますが、これらの事故の要因のひとつに、日暮れにより周囲が暗くなったことがもたらす視力の低下があるのです。早めのヘッドライトの点灯が求められるのはこのような理由からです。

反応時間は、反射時間+踏み替え時間+踏み込み時間で考える

自動車を運転していると必ずと言っていいほど危ない経験をします。
例えば信号無視で自転車が飛び出してきたなどです。
でも、車の運転に集中していれば防げる事故は多いです。
それは、人間の反射能力にあります。
危険を察知してからアクセルからブレーキに踏みかえる時間が短いからです。
若いほどこの能力は高いです。
それを反応時間であらわされます。
これは、反射時間と踏み替え時間、踏み込み時間であらわされます。
反射時間は危険を脳が察知してアクセルから足を離してブレーキに乗せ換える時間です。
踏み替え時間は言葉の通り、アクセルからブレーキへ足を移動させるのにかかる時間です。
踏み込み時間も同様、ブレーキに足を載せて踏み込みまでにかかる時間です。
これらのスピードが速ければ速いほど事故を防ぐことができます。
危険を察知する能力を上げるには運転を多くし、常に危険を観察でいる目が必要になります。
信号では、信号無視をしてくるかもしれないや学校の近くでは子供が飛び出してくるかもしれないなどです。
事前に、危険予知をしながら運転しているといざそのような場面に遭遇した場合でもパニックにならず、素早い行動でアクセルから足を離しブレーキを踏み込み危険回避ができます。

af9920059240l

認知・判断・操作について

運転において認知能力が低下してしまうことは大変です。低下してしまうと正しい判断を行うことが出来なくなってしまったり、瞬時に適切な行動を行うことが出来なくなってしまいます。これらは日常生活の疲労や年齢における老化が現象として引き起こされてしまいます。そのため交通事故などを起こさないようにしたり、安全に自動車に乗るためには、日常生活で操作能力を上げる必要があるのです。

af9920059163l
自動車では視覚が重要になります。人間は情報の8割は視覚から得ています。そのため視覚の能力が低下してしまうと、交通事故が起こりやすくなってしまうのです。自動車においての視覚の能力の低下は、不注意が原因で低下してしまいます。

 
人間の能力は必要性が無いと低下してしまいます。そのため普段から不注意であると、視覚の能力が低下してしまうのです。視覚能力が低下して不注意になるのではなく、実は不注意が癖になっていると、視覚の能力が低下してしまうのです。

 
そのため運転を行う際には、注意を怠らないようにしないと、さらに能力が低下していってしまうことになります。そのため自動車を操作する際には、前方の確認や、サイドミラーを利用した後ろの確認などを怠らないようにすることです。