人間の能力と運転について

運転は人間の持っている能力を総合的に使用します。視覚や聴覚、そして判断力など様々な機能を使うために、どれかひとつでも欠けてしまうと、自動車を安全に操作することは難しくなってしまうのです。そのため日常生活においては、これらの機能を良好な状態の時に、自動車を操作するようにしなければなりません。
現代人ではパソコンや携帯電話などで、目を酷使する傾向にあります。そのため日常的に目が疲れていたり、目に異常を感じている場合が多いのです。そのため視覚の機能が弱まっている場合があります。このようなときに自動車を操作してしまうと、安全の確認を怠ってしまったり、子供の飛び出しなどの突然のアクシデントに対して反応が遅れてしまったりします。そのため自動車に乗る前には、視覚の機能が弱まっていないかを確認する必要があります。
聴覚も大切です。自動車の操作中に、イヤホンなどで音楽を聴いていたりすると、車の音や通行人の声などに注意を向けることが出来ません。特に子供の叫び声などは、急に飛び出してくる子供に対しては有効です。子供の叫び声を聞くことで、子供が飛び出してきそうなことを予期することが出来るからです。聴覚に運転をするときには大切な役割を果たしてくれます。そのためイヤホンなどで機能を欠如させることはやめましょう。